Copyright © Shinichi Akaeda. All Rights Reserved.

作家紹介

穏やかにその対象を考察し、冷静にその世界を把握する。じっくりとその表現方法を考慮し、しかし人間味のある戸惑いがあり、そして時には周囲の人が呆れるほどの情熱を注ぐ。作品の奥に秘められた光と影の中に、赤枝氏のアーティストたる信念がしっかり表現されています。

超越したその観点と、それに気付くまでのスピードにも驚かされます。意図するユーモアに気付いた時、心にポッと温かい明りが灯るような感覚。 彼の作品は、観る人々に微笑みを与えます。日常のふとした仕草の中に、彼は「微笑ましさ」を見つけることができるのです。これらの要素が彼の作品に結実しています。

「涙で描いた鼠」で有名な水墨画家で禅僧の雪舟の生まれかわり、とは言い過ぎでしょうか。これからも、彼のユーモアに溢れる創作が楽しみです。

赤枝真一 (アカエダ シンイチ)

 

 

学歴

1993年 岡山県立総社南高等学校 卒業

1997年 筑波大学 芸術専門学群 美術専攻洋画コース 卒業

1999年 筑波大学大学院 修士課程芸術研究科 美術専攻洋画分野 修了

 

 

個展

2001年 個展(銀座アートホール/東京)

2002年 個展(Gallery銀座一丁目/東京)

2004年 個展(Takashi Saitoh Gallery/茨城)

2007年 個展(Takashi Saitoh Gallery/茨城)

2007年 個展(Gallery銀座一丁目/東京)

2009年 個展(Gallery銀座一丁目/東京)

2009年 個展(Takashi Saitoh Gallery/茨城)

2011年 個展(Takashi Saitoh Gallery/茨城)

2012年 個展(Gallery銀座一丁目/東京)

2014年 個展「 Magical Mystery Market」(ヴァリエテ本六/東京)

2016年 個展「空が見えるよ」(GALLERY b.TOKYO/東京)

 

 

グループ展

1999年 三人展「わかりつつあるもの」(Artギャラリーつくば/茨城)

2002年 「ピコテ」  (すろおが463/岡山)

2004年 「ピコテ♯2」(すろおが463/岡山)

2006年 「ピコテ♯3」(すろおが463/岡山)

2008年 「ピコテ♯4」(すろおが463/岡山)

2009年 「AUTUMN SONGS~11人の風景~」(ヴァリエテ本六/東京)

2010年 「ピコテ♯5」(すろおが463/岡山)

2010年 「ART百葉~GALLERY銀座一丁目開廊10周年記念展覧会~」

             (ヨコハマ創造都市センター/神奈川)

2012年 「響き〜日本・アルメニア外交樹立20周年記念展覧会〜」

     (The Museum of Russian Art/アルメニア)

     (ヨコハマ創造都市センター/神奈川)

2014年 「テンカPUNTO」(PUNTO/茨城)

     「まなざし」(art space テトラへドロン/岡山)

2016年 「KITEN 岡山県立総社南高等学校美術工芸系ー有志OB展」

     (岡山県天神山文化プラザ/岡山)

 

 

 

コンクール等

2009年 第3回絵画公募展(東京芸術センター/東京、神戸芸術センター/兵庫)

2011年 第4回 I氏賞選考作品展(岡山県天神山文化プラザ/岡山)

2016年 FACE 2016 損保ジャパン日本興亜美術賞展

     (東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館)

2017年 FACE 2017 損保ジャパン日本興亜美術賞展

     (東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館)

 

2002年から、茨城県つくば市にある共同アトリエ「アートスペース テンカウント」に参加。油絵を中心に制作、発表している。